シーボルトからビル・ゲイツまで

シーボルトからビル・ゲイツまで

Tags :

Category : 繁殖

「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」をご存知でしょうか。

北極点から1,300㎞南ノルウェー領スピッツベルゲン島。

そこには植物の全滅に備え世界100か国以上から集めた10,000種を超える種子の標本が保存されています。

ビル・ゲイツ氏が中心となり建設された設備は地下より海抜130mの岩盤で、内部は120mの地点に設けられ、貯蔵庫は常に摂氏マイナス20度に保たれています。

万一の場合でも永久凍土層に守られるためマイナス4度を維持できるようになっています。「地球最後の日のために」方舟は作られたのです。

歴史上数多くの学者や研究者によって広められてきた植物たち。

シーボルトはドイツ出身の医学者・博物学者ですが動植物学に造詣が深いことでも有名です。

シーボルトは長崎で植物園を造り栽培研究を行っていたのには実は植民地経営で世界に張り巡らされた植物組織ネットワークの一員であることが背景にあったようです。

しかし日本における植物の復興に大きな影響を与え貢献したことは大きく、また、それら研究成果は当時のヨーロッパにも影響を与え、後に数多くのプラントハンター達が長崎を訪れシーボルトの広めた園芸の功績を称えていることでもわかります。

長い歴史の中で積み上げてきた動植物を如何に未来に向け、守り発展させていくべきか。


バレンタインデー・種子

Tags :

Category : 繁殖

バレンタインデーホワイトデーが近年下火になっているように感じるのは私だけでしょうか。

そもそも3世紀後半に殉教したキリスト教司祭の命日が、何故好きな人にチョコを渡して愛を告白する習慣になってしまったのか。

「商業戦略」に乗せられチョコレートの売り上げに貢献させられ40年以上続いたこの戦略も、近頃の若者には余り受けないようで、お陰で義理チョコしか貰ったことのない私としては惨めな思いをせずに済みます。

「種子繁殖」の続き、以前バーナリゼーション(春化Varnarlization)のお話をしましたが、休眠から覚醒するのは球根種子も同様です。

健康な種子、芽、球根が温度や水分などの環境条件が整っていても、四季のため覚醒しないのはアブシジン酸などの抑制物質で休眠しているからです。

秋植え球根の場合温周性のため地中海沿岸型の出身では夏は高温乾燥、冬は温暖多雨のため過酷な夏を乗り切るため夏は休眠して乗り越えて生存しています。

そのため秋から春にかけ生育する「冬緑型、とうりょくがた」なのです。

促成開花技術を使えば人工的に開花の演出ができるということもご存じでしょうか。

例えば。

乾燥させた球根を冷蔵庫に入れ(春化処理)数か月後に春を演出した栽培ができれば開花調整が可能です。など。

「休眠」から覚醒させることを「休眠打破」と言い、発芽抑制物質の減少はジベレリンなどの成長促進物質の増加により休眠から覚醒すると考えられています。

ここでの「種子繁殖」では種子の固定品種の採種や、一代雑種品種の採種についてはまたの機会にいたします。

種子の発芽の条件には4つの環境要素が重要で、水、温度、光、酸素ですが一般に植物は光なしで発芽しますが、光を必要とする種子の場合覆土を嫌います。

「光発性種子」「暗発性種子」と光の有無を確認し藩種や管理をすることが大切で、光の有無に関係せず発芽する「中光性種子」などもあります。

発芽条件に肥料はいらないことはご存知でしょうが、イネなどは水中で発芽するので酸素も必要ありません。

次回も種子を少し続けます。

ありがとうございました。


花粉の季節・種子

Tags :

Category : 繁殖

天気予報に花粉の情報が表示がされるようになり、またムズムズする花粉症の季節がやってきます。

春はあらゆる生き物にとって躍動的な季節であり待ちどおしいものですが、もはや花粉症の人には春は来てほしくない季節になりつつあるのかもしれません。

杉花粉は近年無花粉スギの開発が進んでいますが、これは無花粉の遺伝子を持つスギを発見できた事で開発が可能になりました。

地球温暖化対策への取り組みも重要で、人間が自然と共存するためには我慢しなくてはいけない事もあるのは仕方ないですか。

花粉とは子孫の繁殖のためにあるものですが繁殖には「種子繁殖」「栄養繁殖」「組織培養」などがあります。

種子繁殖は簡単に大量の種苗を生産できる繁殖方法ですが、個体ごとに自然界に適応にするために獲得した多様性などで、同じ品種なのにバラツキがあり必ずしも期待通りとは行きません。

メンデルの法則をご存知でしょうか。

血液型からの遺伝子型などは有名ですが、優性の法則、分離の法則などで示されているように或る確率とパターンにより世代交代していくとされています。

しかし育苗の専門家によってこれら問題は、増殖技術により品種の特性を維持し農業生産に利用する事が可能になりました。

次回に続きます。


ブログ統計情報

  • 558 アクセス
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スライドショーには JavaScript が必要です。

ブログ統計情報

  • 558 アクセス

スライドショーには JavaScript が必要です。