立春すぎても春遠し・覚醒

立春すぎても春遠し・覚醒

Tags :

Category : 開花の環境

植物の多くは休眠は温度や水分など環境が整っていても、それぞれの事情で生長や発芽を抑制します。

これは植物の休眠が生育に不適な環境を乗り越えるために発達させた能力で、生育が停止もしくは生育がきわめて緩慢な状態で過ごすことは生理的・形態的防御機構なのです。

植物が枯れているのか、休眠しているのかは見た目では中々判断できません。

植物の内的原因による休眠「自発的休眠・自然休眠」もあれば、環境条件の不適「強制休眠・他発休眠」もあり、また結実後の種子や球根は良好な環境条件であっても発芽せず休眠状態にあります。

花木が冬に芽を出し冬越えのため休眠期に芽をだすこともありますが、多年草にはロゼットを作って生長を止めて越冬するための休眠状態などは見た目にわかりやすい方です。

ロゼットとはロゼット洗顔何とか…ではありませんよ、バラの花びらのように放射状や螺旋状配列するものに由来した用語で、多年草で地面に葉を広げた状態で茎がほとんど無く生育が停止しているように越冬します。

例えばタンポポ、オオバコ、などですが、これら植物は背が高くないので生き残るため、人の最も身近な場所で雑草となり生存してきました。

生育による不良環境の中、耐性を高めるためロゼットを形成した植物は沢山あります。宿根カスミソウ、マーガレット、ミヤコワスレなど。

明確な温周性を持つ植物は四季の中でそれぞれに適した時期に変化を感じ取る仕組みを持っており、休眠覚醒、萌芽、花芽分化しますが「植物の低温による春化」や、光周性が役立たない種子などは「種子の低温処理による春化」などで開花を自在に促成する技術が進められています。

もちろん「光周性」も植物が四季を感じ取り花芽分化、落葉、冬芽形成、休眠、球根形成など様々な形態形成を制御する性質ですが、それについては次回にいたしましょう。

ありがとうございました。

 


ブログ統計情報

  • 558 アクセス
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スライドショーには JavaScript が必要です。

ブログ統計情報

  • 558 アクセス

スライドショーには JavaScript が必要です。