剪定

植物は沢山の種類があり樹形や仕立て技術は異なっていますが、植物には原理があり生理面から基本となる原理を学習することは個々の種類での幅広い応用となり役立ちます。
庭木の仕立てと管理では基本樹形には自然樹形と人工樹形が主として分けられます。
剪定の目的は管理、観賞を主たる目的とする場合、見た目だけではなく、病気や虫食いを防ぎ生長バランスを整え、限られた範囲で美しく健康に整った姿で管理、観賞するよう導くことです。剪定や整枝の意図した目的は必ずしも答えが1つではありません。がしかしどのような目的で処置をしたのかが明確に説明できず、「何となく枝を切った」「適当にやってみた」などというようなことだけはお止めください。植物が剪定を必要としているのは、原則、植物のために必要だからです。
今、この目の前の枝を迷ったら切ってはいけません。今どうしても切らなくてはならない理由が無いなら、よく勉強し直して、後日またトライして見てください。(植物は逃げません)

剪定前


忌み枝

忌み枝の剪定後

植物も立派な生き物です、承認されていないような薬剤や市販のものが手元にないからといって不適切な代用品の使用もお避けください。
人が口に入れられないような物を植物に施すなということはよくいわれます。
ここでは樹木の剪定をお話させていただきますが、草花もピンチ、摘心すること。「新芽をピンチして枝数を増やす」が必要です。
草花(一年草、宿根草)と樹木の違いはご存知でしょうか、定義見たいなもの。
検索すると樹木は低木、常緑樹、などと仕分けられ、草花は一年草、多年草というように説明されていますから大体はお分かりになると思います。
後ほど説明しますが、樹木か草花かを確認することは大切なことで、むしろこれが分かっていれば出だしでつまずかづにすみます。

日照と上下の差

剪定とは先端を切る作業です、先端からどこまで切るかは別として先端が無くなると樹木はどのような反応をするのかを理解する必要があります。
頂芽優性とは樹木全体の発育優位は頂芽部分であり植物ホルモン「オーキシン」などの情報伝達物質、生長調整物質を茎頂で合成し基部方向へ移動する。つまり頂芽が優先的に生長して側芽の生長を抑制する調節に関与し、光の方向に芽が向く屈光性、根が下を向く屈地性もオーキシンの役割が大きく関与していることから、発育促進剤にも利用されています。
剪定や摘心は頂芽を除去し側芽の発達や促進をさせながら全体のバランスを整えることができる素晴らしい技術です。
上の図で忌み枝の説明に用いた樹木は常緑広葉樹のつもりですが実際にはもっと複雑で葉があったりすると中々分かり難いものです。
先ず下から上へ忌み枝の確認と除去作業でスタート台に立てます。しかし長らく手入れされていない樹木などは忌み枝の除去のみでも立派に蘇る場合が結構あります。
それと、忌み枝を全て除去してしまうと何も残らないといったケースもあるので、内向き枝、懐枝、立ち枝など以外で切り残してしばらく様子を見たほうがいい場合もあるので小まめに全体を確認しながら進めていきましょう。

枝の名称

樹木と草花の違いとは、植物学ではハッキリとした定義はないようです、この地球上にはまだまだ不思議な生物が存在し解明しきれていない数の方が遥かに多いようですから。
草とは地上部が枯れ、若しくは枯れなくても年輪を作らない植物。また開花し,結実することによって地上部(1年草の場合は地下部も)が枯死する性質を持つものを草と定義することが一般的です。樹木は地上部が一年以上生きて茎が木質であり枝や葉を出し伸長成長を繰り返す。幹や枝が太くなる肥大成長により形成層が作られる。ですから竹は草になります。バナナやヤシは樹木ではありません。根と葉の間は茎ですが樹木では幹と表現するのは年輪が作られるからです。


ブログ統計情報

  • 471 アクセス
2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スライドショーには JavaScript が必要です。

ブログ統計情報

  • 471 アクセス
2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スライドショーには JavaScript が必要です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。