繁殖

ゲノム細胞・品種

ゲノム(遺伝子)編集は今、CRISPRの応用により最も確実で簡単にクローンを作り出す事が可能になりました。凄いというか恐ろしいというか、『神の領域』といわれノーベル賞候補に間違いなく上がると思われます。元々は単細胞から発見されたようです。凄いぞ原核生物!大腸菌、ネンジュモ、アオコみんな嫌われ者ばかりじゃないか!これから世の中のものは一体どうなってしまうのでしょうか、ルールは守りましょうね。メンデルさんから受け継がれた法則は要しない次元にあり、なおさら遺伝資源の重要性が求められる時代になってきました。近年DNAを使った分類化も正確に整理されてきました。「他人のそら似的なもの」や「同属の変わりもの的なもの」も関係が把握できてきたので誤解もなくなるでしょう。植物の分類と名前にはルールがありますが、植物学では自然分類法、園芸学では人為分類法と複雑です。・二名法:Homo sapiens (知能ある唯一の)イタリック体と、L(人物)ローマン体をヒトの学名から。名詞、形容詞、人物名と決められている。Homoの部分を属名(必ず大文字で始まる)+sapiensの部分を種小名+Lの部分を命名者。分類学の父カール・フォン・リンネのLが唯一の人物であることを表したLなのであります。あと、科というのがあります。科とは属の集合体、形態の差は科間は大きく、属間は小さく総じて分類群、科>属種の順番です。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。