シーボルトからビル・ゲイツまで

シーボルトからビル・ゲイツまで

Tags :

Category : 繁殖

「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」をご存知でしょうか。

北極点から1,300㎞南ノルウェー領スピッツベルゲン島。

そこには植物の全滅に備え世界100か国以上から集めた10,000種を超える種子の標本が保存されています。

ビル・ゲイツ氏が中心となり建設された設備は地下より海抜130mの岩盤で、内部は120mの地点に設けられ、貯蔵庫は常に摂氏マイナス20度に保たれています。

万一の場合でも永久凍土層に守られるためマイナス4度を維持できるようになっています。「地球最後の日のために」方舟は作られたのです。

歴史上数多くの学者や研究者によって広められてきた植物たち。

シーボルトはドイツ出身の医学者・博物学者ですが動植物学に造詣が深いことでも有名です。

シーボルトは長崎で植物園を造り栽培研究を行っていたのには実は植民地経営で世界に張り巡らされた植物組織ネットワークの一員であることが背景にあったようです。

しかし日本における植物の復興に大きな影響を与え貢献したことは大きく、また、それら研究成果は当時のヨーロッパにも影響を与え、後に数多くのプラントハンター達が長崎を訪れシーボルトの広めた園芸の功績を称えていることでもわかります。

長い歴史の中で積み上げてきた動植物を如何に未来に向け、守り発展させていくべきか。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ統計情報

  • 611 アクセス
2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スライドショーには JavaScript が必要です。

ブログ統計情報

  • 611 アクセス

スライドショーには JavaScript が必要です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。