繁殖

清浄明潔・品種

4月は清明、万物はみな清らかに清々しく明るく美しいころ。

新入学の子供たちや新 入社員の初々しいスーツ姿も春らしい情景です。

初めてお給料をもらった頃が懐かしい、今となっては遠い昔の出来事、あの頃の清々しい姿は何処へやら。

人は年を取ると変わりますが、生き物はみなようゆうものなので、良く変わった方も悪く変わった方も気を落とさずに、頑張りましょう!

植物も例外なく年々変わってきています。

勿論人の手で意図的に改良するものも、自然天然のものも変化するんですよ。

ジョゼフ・ピトン・トゥルヌフォールという人が昔植物を草と木に分け、さらに花の形で綱を分け植物分類の基本の考え方が出来上がりました。

植物は網(classe)、目(section)、属(genre)と分けられ、その後リンネ、ブラウン、ホーフマイスター、ジョシューなど有名な方々が一生懸命頑張っていただいて気の遠くなるような数を分類していただきました。

そのほとんどは19世紀半ばに出来上がり後にダーウィンによる進化論で分類学が大きな発展をすることになりますが、1990年代以降はDNA解析で分類の組なおしが繰り返し今後も続いてゆくのでしょうか。

園芸作物の品種、改良、育苗、繁殖の歴史はメンデルさんが大きく法則を変え発展させるのですが、近年このメンデルの法則を要しない遺伝子組換えが常識を覆す品種を次々と生み出す事となり、品種の特許出願が企業や公共団体の占める割合も増えているようです。

因みに品種登録すると一般作物で20年、永年作物で25年品種保護が保証されます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。