繁殖

ブログ初投稿!・ストレス

本日ブログ初投稿します。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

園芸、ガーデニングに興味のある方、大歓迎です。

そして園芸、ガーデニングに全く興味のない方もどうか日常の出来事、関心事などでご一緒できたらうれしいです。

昨夜は3年に一度の皆既月食がありましたが、皆様ご覧になりましたか?残念ながら私は見てませんでした。

皆既月食にも色々種類があるらしく、スーパームーン、ブルームーン、ブラッドムーンなど、それが昨夜はこの3種類が見られるという珍しい年だったようです。

名付けて「スパーブラッドブルームーン」だそうです。

さて、最近寒いですよねー、爆弾低気圧。どんどん聞きなれない言葉が出てきますが、寒くて更に雪が降って、困っている方は沢山いらしたのではないでしょうか?植物も寒いのは苦手です。

通常の植物は10℃~25℃位が限界で暑すぎても寒すぎてもストレスがおこるメカニズムがあります。人間や動物と一緒ですね。

一部の野菜などはこのストレスを逆手に取って生育や保存などをおこなうようですが、一般的な園芸品種などはなるべくストレスが起こらない環境を作ってあげる事が大事です。

人間や動物とは違い、ものを言わない植物では生理的変化を察知してあげることが難しいでしょうが。

先ずは人間や動物が嫌う環境は植物も嫌いだと思ってくださいね。 高温、低温、強光、暗光、乾燥、過湿、塩分、病気など人間自身も日々格闘している環境課題があります。

とは言え完璧な環境で育つ事が必ずしも良いことだけとは限りません。

ある程度順応できる能力も必要とし、変動する環境変化での適応能力を持つことによって生存し続けるかが重要でもあります。難しいですね。

移動できない植物は自らの代謝反応を自在に変化させ、生命を維持させるためストレスを応用しているとも考えられます。

ではそのストレスとエネルギーの源でもある光合成について次回は考えていきましょう。

本日はありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。