コウホネ

開花時期
6月、7月、8月、9月
花の色

名前の読み
こうほね
分布
北海道から九州、
朝鮮半島
生育地
山地の池沼や平地の川や池など
植物のタイプ
水生
大きさ・高さ
20~60センチ
分類
スイレン科 コウホネ属
学名
Nuphar japonicum
花の特徴
水中から花茎を伸ばして5センチほどの黄色い花を1輪咲かせる。
5枚の花びらのように見えるものは萼である。
萼はやがて緑色になる。
萼の内側に爪のようなものがたくさんあるが、これが花びらである。
その内側にたくさんの雄しべがあり、真ん中に雌しべの柱頭が1つある。
葉の特徴
水上の葉は長さが20~30センチある楕円形で、艶がある。
実の特徴
花の後にできる実は洋ナシ状の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
この花について

その他
漢字では「川骨」とも書く。
太くて白い根茎が泥中に横たわり、それが骨のように見えるというのが名の由来である。
また、根茎は生薬で川骨(せんこつ)といい、強壮剤や止血剤とされる。
俳句の季語は夏である。
属名の Nuphar はアラビア語の「neufar(スイレン)」からきている。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください