ゲンノショウコ

開花時期
7月、8月、9月、10月
花の色
白、赤、紫
名前の読み
げんのしょうこ
分布
北方領土を含む北海道から沖縄、
朝鮮半島や台湾
生育地
草地や道端
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~50センチ
分類
フウロソウ科 フウロソウ属
学名
Geranium thunbergii
花の特徴
葉の脇から出た花柄の先に小さな5弁花をつける。
雄しべは10本ある。
雌しべの花柱の先は5つに裂ける。
萼片は5枚である。
葉の特徴
葉は手のひら状に3つから5つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の柄は長く、つけ根の部分に1対の托葉(葉のつけ根にある付属体)がある。 茎は地を這い、下向きの毛が生える。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
5つの球形の種子ができる。
この花について

その他
和名の由来は、飲むとすぐ効くので「現の証拠」である。
全草にタンニンを含み、干したものを煎じて下痢止め、健胃薬とする。
別名をミコシグサ(御輿草)という。
これは実の裂けた姿を御輿の屋根にたとえたものである。
俳句の季語は夏である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」に由来する。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の thunbergii はスウェーデンの植物学者で日本の植物を研究した「ツンベルクさんの」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください