クレオメ

開花時期
7月、8月、9月
花の色
白、ピンク、紫
名前の読み
くれおめ
分布
原産地は熱帯アメリカ
日本へは明治時代の初期に渡来
生育地
庭植え
植物のタイプ
一年草
大きさ・高さ
80~120センチ
分類
フウチョウソウ科 フウチョウソウ属
学名
Cleome spinosa
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、たくさんの4弁花をつける。
花の色は桃色が多いが、白や紫色のものもある。
4本ある雄しべが長くて目立つ。
花は下から上へと咲き上っていく。
夕方から咲き始め、翌日の昼ころには花の色が薄くなる。
葉の特徴
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉は5~7枚からなる倒卵形で、縁にはわずかにぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は長いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
和名はセイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)という。
別名はクレオメソウ(クレオメ草)である。
英名はスパイダーフラワー(spider flower)である。
属名の Cleome は出所不明の名とされている。
種小名の spinosa は「棘の多い」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください