キミガヨラン(ユッカ)

開花時期
5月、6月、7月、8月、9月、10月
花の色

名前の読み
きみがよらん(ゆっか)
分布
原産地は北アメリカ
生育地
砂漠地帯
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
150~200センチ
分類
リュウゼツラン科 キミガヨラン属
学名
Yucca recurvifolia
花の特徴
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、花径5~6センチの淡いクリーム色をした鐘形の花をたくさんつける。
葉の特徴
根際から生える葉は剣形で分厚く、先が鋭く尖る。
葉は少し垂れ下がり気味になる。
実の特徴
日本では結実をしない。
この花について

その他
和名の由来は、花が数多く咲き続け、いつまでも栄えるというところからきている。
属名の Yucca はハイチでの現地語からきている。
種小名の recurvifolia は「反り返った葉の」という意味である。
別名ユッカランと呼ばれることもある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください