キツネノマゴ

開花時期
8月、9月、10月
花の色
赤、紫
名前の読み
きつねのまご
分布
本州から九州
朝鮮半島、中国、インドシナ半島、マレー半島、インド
生育地
野原や道端
植物のタイプ
一年草
大きさ・高さ
10~40センチ
分類
キツネノマゴ科 キツネノマゴ属
学名
Justicia procumbens
花の特徴
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色の唇形をした花をつける。
花の真ん中には白い星形の模様が入っている。
葉の特徴
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
名の由来は、花穂の形を孫狐のしっぽに見立てたものといわれるが、花が孫狐の顔に似ているからなど諸説があるらしい。
乾燥させると腰痛、風邪などに薬効があるとされており、清の時代には目薬としても利用されたという。
属名の Justicia はスコットランドの植物学者「ジャスティス(J. Justice)さん」の名からきている。
種小名の procumbens は「這った」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください