カリガネソウ

開花時期
8月、9月
花の色

名前の読み
かりがねそう
分布
北海道から九州
朝鮮半島や中国
生育地
山地の湿った林の中や林の縁
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
1メートル
分類
クマツヅラ科 カリガネソウ属
学名
Caryopteris divaricate
花の特徴
花のつけ根は筒形で、先が5つに裂けている。
そのうちの下につく1つの裂片が舌状に長く伸びて上側に曲がり、濃い斑点が入る。
雄しべ4本と雌しべは大きく飛び出して弓形に下側へ曲がる。
葉の特徴
葉は幅広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は鋭く尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は小堅果で、先は4つに裂ける。
この花について

その他
和名の由来はこの花の様子を雁の首に見立てたものである。
青紫色の花はとても美しいが、全草に強い臭気がある。
別名をホカケソウ(帆掛草)ともいう。
これは帆掛舟にたとえたものである。
属名の Caryopteris はギリシャ語の「karyon(堅果)+pteron(翼)」からきている。果実が小堅果で翼があるように見えることから名づけられた。
種小名の divaricate は「広く分枝した」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください