カラマツソウ

開花時期
7月、8月、9月
花の色

名前の読み
からまつそう
分布
北海道から九州
生育地
山地や亜高山の草原
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
50~120センチ
分類
キンポウゲ科 カラマツソウ属
学名
Thalictrum aquilegifolium var. intermedium
花の特徴
長い茎の先に、白く細い線形の小花をつける。
花弁はなく、萼片も早くに落下する。
花のように見えるのは雄しべの花糸である。
花糸は先が棍棒のように肥厚している。
葉の特徴
葉は3~4回3出複葉といって、枝分かれした先に3出複葉(1つの葉が3枚の小さな葉に分かれた形)を繰り返しつけて1枚の葉となる。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について

その他
漢字では「落葉松草」とも書く。
花の姿をカラマツの葉に見立てたのが名の由来である。
属名の Thalictrum はローマ時代の医師ディオコリデス(Dioscorides)が名づけたカラマツソウ属の名である。
種小名の aquilegifolium は「オダマキ属に似た葉の」という意味である。
変種名の intermedium は「中くらいの大きさの」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください