オオセンナリ(センナリホオズキ)

開花時期
7月、8月、9月
花の色

名前の読み
おおせんなり(せんなりほおずき)
分布
原産地は南アメリカ
日本へは江戸時代の末期に渡来
逸出したものが日本全国で野生化
生育地
庭植え 畑や荒れ地
植物のタイプ
一年草
大きさ・高さ
50~100センチ
分類
ナス科 オオセンナリ属
学名
Nicandra physalodes
花の特徴
葉の脇から細長い花柄を出し、その先に1つずつ花をつける。
合弁花で、花径は3~4センチあり、先が浅く5つに裂ける。
裂片は淡い青色で、筒部は白い。
葉の特徴
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には不規則に粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
長さは5~10センチくらいで、まばらに毛が生え、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
実は酸漿(ホオズキ)と同じように球形の液果(中身に液をたくさん含む果実)で、袋のような大きな萼に包まれている。
有毒なので食べられないが、切り花やドライフラワーなどに用いられる。
この花について

その他
別名をセンナリホオズキともいう。
英名はアップル・オブ・ペルー(apple of Peru)である。
属名の Nicandra は2世紀頃のギリシャの詩人「ニカンドロス(Nikandros)」にちなむ。