オイランソウ(フロックス)

開花時期
6月、7月、8月、9月、10月
花の色
白、ピンク
名前の読み
おいらんそう(ふろっくす)
分布
北アメリカ
生育地
草地 庭植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
60~100センチ
分類
ハナシノブ科 クサキョウチクトウ属
学名
Phlox paniculata
花の特徴
茎先にやや丸い円錐花序を出し(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)、ピラミッド状に固まって花径2~3センチの花をたくさんつける。
花冠は筒部が長く、先が5つに深く裂けて横に開く。
花冠の裂片は襞状に互いに重なる。
萼片は5枚で緑色である。
雄しべは5本である。
花の色は赤紫色や白が中心だが、改良が進んでピンクや紅色など多くの園芸品種が作出されている。
葉の特徴
葉は細長い卵形で、向かい合って生える(対生)。
時に3枚が輪生することもある。
葉の柄は短く、茎の上部では茎を抱く。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
和名の由来は、華やかに咲く様子を花魁の姿に見たてたもの、あるいは花の香りが花魁の白粉に似ていることによる。
別名をクサキョウチクトウという。
これは花がキョウチクトウに似ていることからきている。
また、宿根フロックスの名でも流通している。
シバザクラも同じ仲間である。
俳句の季語は夏である。
属名の Phlox はギリシャ語の「phlogos(火炎)」からきている。リクニス属の古名であったものが転用された。
種小名の paniculata は「円錐花序の」という意味である。