ウメバチソウ

開花時期
8月、9月、10月
花の色

名前の読み
うめばちそう
分布
北方領土を含む北海道から九州
北半球の寒帯から温帯にかけて広く分布
生育地
山地や亜高山の湿原など
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
10~40センチ
分類
ユキノシタ科 ウメバチソウ属
学名
Parnassia palustris
花の特徴
茎先に白い5弁花を上向きに1輪つける。
花弁には緑色の脈が目立つ。
花の中央に雄しべが5本ある。
雄しべは1日に1本だけ立ち上がって花粉を出す。
雄しべの隣に細かく分裂した仮雄しべがある。
仮雄しべは花粉を出さない。
また、真ん中に白い帽子のような形の雌しべがある。
葉の特徴
根際から生える葉はロゼット状である。
茎につく葉はハート形または円形で茎を抱く。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
和名の由来は、花の様子を家紋の「梅鉢」に見立てたものである。
属名の Parnassia はギリシャの「パルナッソス山(Parnassus)」からきている。霊地として神聖視された山である。
種小名の palustris は「沼地に生える」という意味である。