アンゲロニア(サマースナップドラゴン)

開花時期
5月、6月、7月、8月、9月、10月
花の色
白、ピンク、青、紫
名前の読み
あんげろにあ(さまーすなっぷどらごん)
分布
中央アメリカ
生育地
庭植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
60~120センチ
分類
ゴマノハグサ科 アンゲロニア属
学名
Angelonia angustifolia
花の特徴
花の色は青、紫色、白、ピンクなどのものがある。
花径は1センチくらいだが、たくさんの花がつく。
花冠は5つに裂け、喉の部分には模様が入る。
花はよい香りがする。
葉の特徴
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
さく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)
この花について
花茎が次々と伸びて、こんもり茂る。
その他
英名はサマースナップドラゴン(summer snapdragon)である。
スナップドラゴンはキンギョソウのことである。
種小名の angustifolia は「細葉の」を意味する。