アキノキリンソウ(アワダチソウ)

開花時期
8月、9月、10月、11月
花の色

名前の読み
あきのきりんそう(あわだちそう)
分布
日本固有種
北海道から沖縄
生育地
山地から高山にかけての草地や土手
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
20~80センチ
分類
キク科 アキノキリンソウ属
学名
Solidago virga-aurea var. asiatica
花の特徴
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、たくさんの黄色い花(頭花)をつける。
1つ1つの花は舌状花4枚から6枚が一列に並び、真ん中に筒状花がある。
総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は狭い鐘形で、総苞片は4列に並ぶ。
葉の特徴
葉は互い違いに生え(互生)、下部の葉は卵形、上部の葉は披針形である。
実の特徴
そう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)
この花について
茎は細くて硬く、下部は黒紫色をしている。
その他
和名の由来は、秋に咲き、また黄色い花の美しさをベンケイソウ科のキリンソウにたとえたものである。
別名をアワダチソウという。
これは、花が泡立つように咲くというところからきている。