アキギリ(サルビア・グラブレスケンス)

開花時期
8月、9月、10月
花の色

名前の読み
あきぎり(さるびあ・ぐらぶれすけんす)
分布
本州の中部地方から中国地方にかけての日本海側
生育地
山地の日陰
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
20~50センチ
分類
シソ科 アキギリ属
学名
Salvia glabrescens
花の特徴
茎先の短い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の花をつける。
花の先は上下に分かれた唇形で、つけ根のほうは細い筒形となる。
上唇は帽子のようになり、下唇は3つに裂ける。
花柱(雌しべ)は細長い糸状で、先が2つに裂ける。
長い雄しべが2つある。
葉の特徴
葉は三角状の鉾形で長い柄があり、向かい合って生える(対生)。
実の特徴
分果(複数の子房からできた果実)
この花について
全体に毛がある。
その他
和名の由来は、秋に桐に似た花を咲かせるというところからきている。