アイ(タデアイ)

開花時期
9月、10月
花の色
白、赤
名前の読み
あい
分布
東南アジア、中国南部
本州、四国、九州
生育地

植物のタイプ
一年草
大きさ・高さ
70~100センチ
分類
タデ科 イヌタデ属
学名
Persicaria tinctoria
花の特徴
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、紅色の米粒のような小さな花をたくさんつける。
花の色は白いものもある。
葉の特徴
卵円形や披針形などでで、互い違いに生える(互生)。
葉は茎を抱くようにつく。
実の特徴
黒褐色のそう果。
この花について
茎は紫紅色で節が目立ち、上部でよく枝分かれをする。
その他
別名タデアイ。
原産地はインドシナ半島。
日本へは奈良時代に中国を経由して渡来した。
藍染めの染料をとるため、古くから各地で栽培されてきた。
葉を藍染め原料として使うほか、虫刺されの薬草や料理などにも用いられる。