ノースポール

開花時期
1月、2月、3月、4月、5月、6月、12月
花の色
白、黄
名前の読み
のーすぽーる
分布
原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ。
日本へは1970年代に渡来。
生育地

植物のタイプ
一年草
大きさ・高さ
20~30センチ
分類
キク科 フランスギク属
学名
Leucanthemum paludosum
花の特徴
花はマーガレットによく似ているが、草丈も花の大きさも小さめである。
花径は2センチから3センチくらいである。
舌状花は白く、筒状花は黄色い。
葉の特徴
葉は羽状に切れ込み、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
属名の Leucanthemum はギリシャ語の「leukos(白)+anthemon(花)」からきており、「白い花」を意味する。
種小名の paludosum は「沼地に生える」という意味である。
その他
学名はレウカンテムム・パルドスム(Leucanthemum paludosum)という。
クリサンテムム・パルドスム(Chrysanthemum paludosum)という学名を使う場合もある。
クリサンテムム(Chrysanthemum)はキク科キク属を示す学名で、キク属を広義にとらえる立場である。
ノースポールというのは「北極」のことである。
花つきがよく、株全体をおおうほどに白く咲く姿から名づけられたものである。
属名の Leucanthemum はギリシャ語の「leukos(白)+anthemo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください