ノゲシ

開花時期
2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月
花の色

名前の読み
のげし
分布
史前帰化植物と呼ばれるもので、非常に古い時代に日本へ渡来。
現在は世界中に分布。
生育地
日当たりのよい道端や荒地
植物のタイプ
越年草
大きさ・高さ
50~100センチ
分類
キク科 ノゲシ属
学名
Sonchus oleraceus
花の特徴
花径2センチくらいのタンポポに似た花をつける。
葉の特徴
茎の下部から中ほどにかけてつく葉は羽状に深く裂ける。
茎の上部につく葉は裂けず、柄もなく茎を抱く。
縁のぎざぎざ(鋸歯)の先は尖るが棘とはならず、さわっても痛くない。
これが近縁種の鬼野芥子(オニノゲシ)との相違点である。
葉の縁はやや内巻きになる。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
種子の綿毛は柔らかくて細い。
この花について
属名の Sonchus はこの属やアザミなどを一括したギリシャ古名である。
種小名の oleraceus は「食用蔬菜の」という意味である。
その他
秋の野芥子(アキノノゲシ)という越年草があるので、それに対比して春の野芥子(ハルノノゲシ)と呼ぶこともある。
和名は、葉が芥子(ケシ)に似ているところからきている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください