ネコヤナギ

開花時期
2月、3月、4月
花の色
白、他
名前の読み
ねこやなぎ
分布
北海道から九州にかけて分布。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布。
生育地
山野の水辺
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~3メートル
分類
ヤナギ科 ヤナギ属
学名
Salix gracilistyla
花の特徴
雌雄異株である。
雌雄ともに葉の展開に先立って前年の枝に銀白色の花穂をつける。
雄花のほうが花穂がやや大きい。
葉の特徴
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、柄はくさび形をしている。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Salix はケルト語の「sal(近い)+lis(水)」からきている。水辺に多いことから名づけられた。
種小名の gracilistyla は「花柱の細長い」という意味である。
その他
和名の由来は、花穂に密生する絹のような毛を、猫の毛に見立てたものである。
樹皮にはサイシンという物質が含まれるが、これはアスピリンの母体となった物質なのだという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください