チューリップ

開花時期
1月、2月、3月、4月、5月
花の色
白、黄、オレンジ、ピンク、赤、青、紫、他
名前の読み
ちゅーりっぷ
分布
原産地はトルコから中央アジアにかけた地域
生育地
園芸品種
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
60~100センチ
分類
ユリ科 チューリップ属
学名
Tulipa gesneriana
花の特徴
花弁が先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものある。咲き方は一重から八重。
葉の特徴

実の特徴

この花について
アフガニスタン、オランダ、トルコ、ベルギー、ハンガリーではチューリップが国花となっている。また、新潟県と富山県では県花になっている。子供が最初に描く花、最初に覚える歌ということで親しまれている。そして、現在世界に通用するチューリップの品種数は5000種にも及ぶという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください