シデコブシ

開花時期
3月、4月
花の色
白、ピンク、赤
名前の読み
しでこぶし
分布
日本固有種
本州の愛知県、岐阜県、三重県にのみ分布。
生育地
湿原の周辺や渓流沿いなど
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~5メートル
分類
モクレン科 モクレン属
学名
Magnolia tomentosa
花の特徴
花の色は白ないし淡い紅色で、花径は7~12センチくらいある。
細長いリボン状の花びら(花被片)を12~18枚外向きにつける。
葉の特徴
若い枝や葉の柄には軟毛が密生する。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は丸く、つけ根の部分はくさび形である。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)の集合果である。
この花について
樹皮は灰褐色で、やや皮目(ひもく=樹皮にあって空気を通す部分)がある。
若い枝や葉の柄には軟毛が密生する。
その他
「生きている化石」とも言われる貴重な植物である。
環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。
「四手」というのは「玉串や注連縄(しめなわ)などに下げる紙」のことである。
花の様子を見立てたものである。
別名を姫辛夷(ヒメコブシ)ともいう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください