ガーベラ

花の特徴
茎先に花径7センチから10センチくらいの花(頭花)を1輪ずつつける。
一重咲きと八重咲きがある。
葉の特徴
根際から生える葉は長い楕円形ないしへら形で、羽状に裂ける。
実の特徴

この花について
イギリスを始めフランス、ドイツ、オランダなど各国で競い合うように多彩な品種が創り出された。
特に1950年代にオランダで大輪系で花色も豊富な種が作り出されてから、切り花として急速に生産が増加したという。
俳句の季語は夏である。
属名の Gerbera はドイツ人の自然科学者「ゲルバー(T. Gerber)」の名からきている。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
「神秘」「成功」はガーベラ(赤)の花言葉。ガーベラ(黄)の花言葉は「究極美」。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください