カタクリ

花の特徴
茎先に1つずつ下向きに淡い紅紫色の花をつける。
花被片は6枚で、上に向かって強く反り返る。
ただし、反り返るのは日中の陽射しがあるときで、夕方には傘のように閉じる。
花被片のつけ根の部分にはW字形をした濃い紫色の斑が入る。
雄しべは6本、雌しべは1本である。
葉の特徴
根際から生える葉は2枚で、形は長い楕円形ないし卵形である。
葉は厚くて軟らかい。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
種子が地中に入ってから8年ほどの間は花をつけない片葉の状態が続き、それからやっと2枚の葉を出して開花する。
昔は片栗粉の原料とされたが、今はジャガイモ、サツマイモにとって代わられて、本物の片栗粉は薬局でしか手に入らない。
病後の滋養用に使われている。
俳句では「片栗の花」が春の季語である。
属名の Erythronium はギリシャ語の「erythros(赤)」からきている。紅紫色の花をつけるヨーロッパ種を念頭につけられた名である。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください