オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノ木)

花の特徴
花径は3センチくらいの黄色い5弁花をつける。
花はよい香りがする。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。幹には凸凹がある。
実の特徴
花の後にできる実は、核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
初めは萼が黄緑色で実は緑色である。
やがて熟すと、萼は反り返って赤くなり、実は黒くなる。
その姿がミッキーマウスを連想させる。
この花について

その他
実の形から英名をミッキーマウス・プラント(Mickey-Mouse plant)という。
そこから「ミッキーマウスの木」という流通名がある。
属名の Ochna はギリシャ語の「ochne(野生のナシ)」からきている。
種小名の serrulata は「細かい鋸歯のある」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください