オオイヌノフグリ

花の特徴
花の色は青く、紫色の筋が入っている。
正面から見ると花びらが4弁に分かれているように見えるが、後ろから見ると1つにつながった合弁花である。
花径は5ミリくらいである。
花の中央には雄しべが2本と雌しべが1本ある。
葉の特徴
葉は円形で、縁に浅い鋸歯がある。
短い葉柄がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、陰嚢というのは睾丸のことである。
花の後につく実が2つ並んでいる様子を犬の陰嚢に見立てたという。
この花について
根元近くで枝分かれして横に広がる。
その他
日本在来種のイヌノフグリに比べて、花も草丈も大き目なのでこの名がつけられた。
とは言え、花径は5ミリ程度のかわいい花である。
俳句では「犬ふぐり」が春の季語である。
属名の Veronica は聖者ベロニカに捧げられた名である。
種小名の persica は「ペルシャの」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください