カワラナデシコ

開花時期
6月、7月、8月、9月
花の色
白、ピンク
名前の読み
かわらなでしこ
分布
北海道から九州
朝鮮半島や中国
生育地
草地や河原
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~80センチ
分類
ナデシコ科 ナデシコ属
学名
Dianthus superbus var. longicalycinus
花の特徴
淡い紅色や白い可憐な花を咲かせる。
花びら(花弁)は5枚で、先が細かく裂ける。
雄しべは10本、雌しべの花柱は2本である。
葉の特徴
葉は線形ないし披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉のつけ根は茎を抱く。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
別名をヤマトナデシコ(大和撫子)ともいう。
これは、カラナデシコ(唐撫子)とも呼ばれるセキチク(石竹)との対比でつけられた名である。
また、単にナデシコ(撫子)とも呼ばれる。
名の由来は、「撫(な)でるようにかわいい花」ということである。
古名を「常夏(トコナツ)」と言う。
これは、花期が夏から秋に渡ることからついた名である。
秋の七草の一つで、俳句の季語も秋である。
分類上は、エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)の変種とされている。
本種のほうが萼が長く、苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)の数も多い。
属名の Dianthus はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+anthos(花)」からきている。「ジュピターの花」の意味で、花の美しさを称えるて名づけられた。
種小名の superbus は「気高い」という意味である。
変種名の longicalycinus は「長い萼の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください