カルミア(アメリカシャクナゲ)

開花時期
5月、6月
花の色
白、ピンク
名前の読み
かるみあ(あめりかしゃくなげ)
分布
北アメリカの東部
生育地
庭木
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~2メートル
分類
ツツジ科 カルミア属
学名
Kalmia latifolia
花の特徴
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白ないし淡い紅色の花をたくさんつける。
蕾は「金平糖」のような形である。
花冠は先が浅く5つに裂けて、五角形の皿形になる。
花冠の内側に濃い紅色の斑点、真ん中に折れ線のような筋が入る。
花径は2センチくらいである。
雄しべは10本、雌しべは1本で、花冠から飛び出す。
萼片は5枚で、腺毛(粘着物質を出す毛)が生える。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質は革質で、艶がある。
実の特徴
花の後にできる実は5つの丸いでっぱりあるさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
別名をアメリカシャクナゲ(アメリカ石楠花)という。
東京都がアメリカへ贈ったサクラの返礼として、日本へは昭和4年に渡来した。
属名の Kalmia はスウェーデンの植物学者「カルム(P. Kalm)さん」の名からきている。
種小名の latifolia は「広葉の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください