カザグルマ(クレマチス)

開花時期
4月、5月、6月
花の色
白、紫
名前の読み
かざぐるま(くれまちす)
分布
本州の秋田県から九州
朝鮮半島
生育地
林の縁などで樹木にからまる
植物のタイプ
つる性
大きさ・高さ
2~5メートル
分類
キンポウゲ科 センニンソウ属
学名
Clematis patens
花の特徴
枝先に花径10~15センチもある大きな花を開く。
花は上向きに咲き、紫色のたくさんの雄しべに特徴がある。
花びらのように見えるのは萼片で8枚ある。
花の色は淡い紫色または白である。
葉の特徴
葉は3枚から5枚の小葉からなる羽状複葉で、向かい合って生える(対生)。
小葉は卵形で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の柄は長く、周囲のものに巻きつく。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
実には羽毛状の花柱があり、これが毛鞠状になる。
この花について
蔓性で他の植物などに寄りかかって成長する。
その他
シーボルトによってヨーロッパへ伝えられ、クレマチスの園芸品種の多くで母種になっている。
環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。
属名の Clematis はギリシャ語の「clema(若枝)」の縮小形である。長い柔らかい枝でよじ登ることから名づけられた。
種小名の patens は「立ち上がるようにつく」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください