カサブランカ

開花時期
6月、7月、8月
花の色

名前の読み
かさぶらんか
分布
園芸品種
生育地
庭植え、鉢植え、切り花
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
1~2メートル
分類
ユリ科 ユリ属
学名
Lilium Casa Blanca
花の特徴
純白の大輪の花をつけ、「ユリの女王」と言われる。
花被片は6枚である。
葉の特徴
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴

この花について

その他
1970年代にオランダで作出された園芸品種で、オリエンタルハイブリッドと呼ばれるグループに属する。
オリエンタルハイブリッドというのは、日本に自生するヤマユリやカノコユリなどを原種とするグループである。
カサブランカはモロッコにある都市名で、映画の名でも知られている。
属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください