オモト

開花時期
4月、5月、6月
花の色

名前の読み
おもと
分布
本州の関東地方から沖縄
中国
生育地
山地の林の中 鉢植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
30~60センチ
分類
ユリ科 オモト属
学名
Rohdea japonica
花の特徴
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い黄緑色をした小さな花を円筒状に密生させる。
花被片は6枚である。
葉の特徴
根際から生える葉は長い卵形で、大きい。
葉の質は革質で分厚く艶があり、縁は波打つ。
実の特徴
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、赤ないし黄色に熟する。
この花について

その他
分類体系によっては、スズラン科とされることもある。
漢字では「老母草」とも書く。
俳句では「万年青の実」が秋の季語である。
根茎はロデキシンを含み有毒である。
属名の Rohdea は19世紀のドイツの植物学者「ロイデ(M. Rohde)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください