ウツギ(ウノハナ)

開花時期
5月、6月
花の色

名前の読み
うつぎ(うのはな)
分布
北海道から沖縄
中国
生育地
山野 庭木、生垣
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~2メートル
分類
ユキノシタ科 ウツギ属
学名
Deutzia crenata
花の特徴
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い花を垂れ下げてつける。
花弁は5枚、雄しべが10本、花柱(雌しべ)は3、4本ある。
雄しべの花糸には狭い翼がある。
葉の特徴
葉は細長い卵形で先が尖り、向かい合って生える(対生)。
葉の長さは3センチから6センチくらいである。
葉の縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は緑白色をした球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、熟すと3つから4つに裂ける。
この花について

その他
和名は、枝が中空になっていることからつけられたものである。
材質は硬く、木釘や楊枝などに用いられている。
別名はウノハナである。
これは、卯月(陰暦4月)に花が咲くということからつけられた名である。
葉や実を乾燥させたものには利尿効果があり、生薬名を溲疏(そうじょ)と言う。
俳句では、「卯の花」「空木の花」「花空木」「卯の花垣」などが夏の季語である。
属名の Deutzia はツンベルクが後援者の「ドイツさん(Johan van der Deutz)」にちなんで名づけた。
種小名の crenata は「円

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください