アマリリス

花の特徴
茎先に花径が20センチもある大輪をつける。
花被片は6枚である。
花の色は、濃い紅色やピンク、白などがある。
絞り、覆輪のものもあり、八重咲きや斑入りの葉のものもある。
葉の特徴
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)である。
実の特徴

この花について
茎は中空
その他
ヒッペアストルム属のものをアマリリスと呼ぶのは、かつてアマリリス属に分類されていた名残である。
これとは別に原種系(アマリリス属)のものがある。
こちらはアマリリス・ベラドンナ(学名:Amaryllis belladonna)と呼ばれ、原産地は南アフリカである。
俳句では夏の季語である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください