アジュガ(セイヨウキランソウ)

花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を直立させ、花径1、2センチの青紫花をした唇形の花をたくさんつける。
花冠は長さ1センチくらいで、上唇と下唇に分かれる。
上唇は短く2つに裂ける。
下唇は大きく3つに裂け、真ん中の裂片は更に先が裂ける。
葉の特徴
根際から生える葉は楕円形で、ロゼット状となる。
茎につく葉は向かい合って生える(対生)。
葉には毛は生えておらず、縁には低い波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
分果(複数の子房からできた果実)
この花について
根茎は地を這って横に広がる。
その他
日本に自生するジュウニヒトエの近縁種である。
別名をセイヨウジユウニヒトエという。
観賞用として渡来したものが逸出して野生化している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください