アケボノフウロ

花の特徴
花径は4センチくらいの濃いピンクの5弁花を咲かせる。
花の色は白、青紫色、赤紫色などのものもある。
葉の特徴
葉は腎臓形で、つけ根の部分まで深く7つに裂ける。
実の特徴
さく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)
この花について

その他
種小名の sanguineum は「血紅色の」を意味する。
学名のゲラニウム・サングイネウムでも流通している。
属名の読み方はゼラニウムとするものもある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください