アカカタバミ

花の特徴
花径5~8ミリくらいの黄色い5弁花で、花弁のつけ根のほうに赤い斑が入る。
葉の特徴
葉は3出複葉で、小葉はハート形である。
葉の色は暗い赤紫色で、基本種よりも小さい。
実の特徴
円柱状で先が尖ったさく果で、真っ直ぐ上を向いてつく。
この花について
茎は地面を這って広がる。
その他
分類上は、カタバミ の品種の1つとされている。
属名の Oxalis はギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」に由来する。この属の植物にはしゅう酸を含み酸っぱいものが多いことからきている。
種小名の corniculata は「角のある」という意味である。
変種名の rubrifolia は「赤い葉の」という意味である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください