バラ

開花時期
1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
花の色
白、黄、オレンジ、ピンク、赤、青、紫
名前の読み
ばら
分布
北半球の新旧両大陸の亜寒帯から熱帯にかけて広く分布する。
生育地
日照は最低5時間、朝日の当たる通風のよい場所を選ぶ。 土壌の通気排水も不可欠である。
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
15~200センチ
分類
バラ科 バラ属
学名
Rosa
花の特徴
花は茎頂に単生するか散房花序、または円錐花序につく。
花弁の基本数は5個であるが、八重になるものも多い。
葉の特徴
葉は奇数羽状複葉で互生し、托葉が葉柄に一部合着している。
小葉には鋸歯がある。
実の特徴
バラの果実をヒップというが、肉質の部分は花床が発達したものであり、その内部に種子を含む真の果実(痩果)がある。
この花について
大きな属で4亜属に分けられ、バラ亜属はさらに10節に区分される。
落葉または常緑の低木で、ほふく性またはつる性。多くは刺がある。
膨大な園芸品種が作出されている。
高さ、花期は品種により異なる。
バラ(赤)の花言葉が「愛情」「模範」。バラ(黄)の花言葉は「嫉妬」「不貞」。