ハートツリー

開花時期
7月、8月、9月、10月、11月、12月
花の色

名前の読み
はーとつりー
分布
原産地は沖縄・台湾だが、品種改良の後生産は愛知県常滑市のみ
生育地
庭植え、鉢栽培など
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
15〜20cm
分類
ニシキギ科 ハリツルマサキ属
学名
Maytenus diversifolia
花の特徴
白い小さな5弁の花を咲かせる。星形で花の時期もかわいらしい。
葉の特徴
葉はツヤがあり、葉の縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
ハート型の7mm程の赤い実を実らせる。日光のよく当たる場所で、気温が下がると赤く色づく。
この花について
ハートツリー開発は苦難の連続で、ハートの実をつける苗を選抜を重ねるも、定着せず何度も何度も選抜。また実がついたとしても少量で、試行錯誤の日々が繰り返された。10年という歳月をかけてようやく誕生した植物。
その他
ハートツリーはただ可愛らしい植物としてだけではなく、人の心を感動へと導く贈り物としてもおすすめ。誰の周りにでもある「小さな幸せ」がやがて大きな幸せにつながるよう、1つ1つ丁寧に心を込めて栽培されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください