サザンカ

開花時期
10月、11月、12月
花の色
白、ピンク
名前の読み
さざんか
分布
本州の山口県、四国、九州、沖縄に分布。
海外では、台湾や中国などにも分布。
生育地
山地の林の中や林の縁
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
2~12メートル
分類
ツバキ科 ツバキ属
学名
Camellia sasanqua
花の特徴
枝先や葉の脇に花径5センチから7センチくらいの白い5弁花をつける。
花は横に平らに開き、雄しべは椿(ツバキ)のように筒状にはならない。
園芸品種には、花の色が赤や桃色のもの、八重咲きをするものなどがある。
花弁はばらばらに散る。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
椿(ツバキ)の場合はぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質は革質で艶があり、表面は濃い緑色をしている。
実の特徴
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
果実から採取した油は椿油と同様に用いられる。
和名の由来は、山茶花の読み「サンサカ」が訛ったものと言われている。
属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の sasanqua は「山茶花」のことである。