カンツバキ

開花時期
1月、2月、11月、12月
花の色
白、ピンク、赤
名前の読み
かんつばき
分布
園芸品種
生育地
生垣や庭園樹、公園樹
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
150~300センチ
分類
ツバキ科 ツバキ属
学名
Camellia sasanqua Kantsubaki
花の特徴
一般的には淡い紅色の八重咲きが多いが、白や桃色のものもある。
花には仄かな香りがある。
葉の特徴
葉は暗い緑色をした細長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について

その他
サザンカ(山その他花)のカンツバキ品種系で、枝が横に広がる傾向がある。
枝が上に伸びるものは、タチカンツバキ(立ち寒椿)といって区別をする。
属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の sasanqua は「山その他花」のことである。