アランセラ

開花時期
1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
花の色
黄、オレンジ、赤
名前の読み
あらんせら
分布
東南アジアを中心に栽培されている。
生育地
鉢植え
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
100~200センチ
分類
ラン科科 アランセラ属属
学名
Aranthera
花の特徴
葉腋から直立または斜上に出た花茎に、花径3~7㎝の花をつけ総状花序をなす。
葉の特徴
線形で革質の葉が互生する。
実の特徴

この花について

その他
「サソリラン」と総称されるアラクニス属と大型着生ランのレナンテラ属による交配種で、強い日照を必要とするため、主にマレーシアなど熱帯地方で切り花として栽培されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください